いくらはたべたことありません

一生無双モードなのですよ

2017/02/11 日本武道館

2017年2月11日、日本武道館で新たな伝説の始まりをみた。

公演当日、ずーっと04 Limited Sazabysの武道館公演を見に行ってるっていう感覚がなくて、全然実感わかなくて。朝早く起きて準備しているのも、新宿という地に降りて都営新宿線に乗ってることも、九段下駅で降りて武道館という建物をみても自分が今日、あの、日本武道館で04 Limited Sazabysのライブを見るっていうのが信じられなかった。

実感したのは、公演終わって居酒屋さんでお疲れ様会やってるときにやっと。この半年間【フォーリミの武道館に行く】という目標の元、全てを頑張ってきたから心がからっぽで、明日からが見えなくて、不安しかなくて、もしかしたら今日目を閉じてしまったら一生目を開くことはないんじゃないかって思ってしまうほどわたしの全てだった。


OPはフォーリミがとあるスタジオに入っていく映像。THE BAWDIESの武道館OP*1を思い出した。白い幕に映されるフォーリミ4人の影は、世界で一番かっこよかった。

武道館で耳にした最初の曲はmonolith。イントロが聞こえた瞬間、去年のYON FESで聞いたのをきっかけに大好きになったこと、この1年が勝負だから頑張ろう。と決心したことを思い出して感慨深かった。それからfiction、escapeと続き、escapeではスクリーンにescapeのMV仕様でステージで戦う彼らが映されたのが印象的だった。Chicken raceのオガタさんのコールアンドレスポンス、「ぶっどーかん!(武道館)」とても弾けててかわいかった。

「チームフォーリミの技術の結晶の日だからさ、俺たちの輝く瞬間を見逃すな!」直後のGrasshopper、炎の演出のあったknifeなどと続き、スクリーンに2008年の結成から2017/02/11までのすべてのライブの日付と会場、背景にアー写などが流れてからのBuster call。そういえばあの時期からフォーリミを聞くようになったなとかを思い出して懐かしく思った。そして昔GENさんのブログでBuster callの日本語訳をみたことを思い出して脳が震えた。今まで積み上げてきたものをぶち壊してもっと高く積み上げよう。これはフォーリミの新章の始まりだと確信した。

それからは新旧交えたセトリだったが、Marking all!!からbless youは意外だった。フォーリミの初めての曲といえばStanding hereのイメージだったのだけれど、今までお世話になった人みなさんが元気で居られますようにっていうのはさすがフォーリミだなと納得した。

機会を逃しまくって聞けてなかったcubicやdiscord、フォーリミの曲で初めて好きになったmilk、この日*2のために作ったというeurekaと続き、バンドシーンに光が指しますようにとswimで本編が終了。
アンコールでのmidnight cruisingでは会場に流星群が降ってとても素敵な空間だった。

20枚のノルマを自腹切っていたバンドが日本武道館でライブをやるということ、その道のりでリタイヤしていった仲間たちのことを背負ってステージに立つ彼らは本当にかっこよかった。フォーリミはいつも私にかっこいい後ろ姿をみせてくれて、頑張らなきゃいけないこともあるけれど光指す道を示してくれる。「フォーリミが頑張ってるから私も頑張ろう。」こんなことを思うのはいろんなアーティストを好きになってフォーリミが初めてだ。一生に1度行けるかどうかの武道館、04 Limited Sazabysの公演を見に行けてよかった。この先も彼らの音楽が絶えないように、応援できるように日々を頑張ろう。まだ夢は続く。

 f:id:uniikr:20170212205702j:image

*1:2015/03/29 Boys!ツアーファイナル

*2:2017/02/11